2010年02月13日

生存男性を死亡と判断=警察署検視室で目覚ます−さいたま市消防(時事通信)

 さいたま市は10日、ゲートボール場で倒れていた男性(51)が生きているにもかかわらず、通報で駆け付けた桜消防署大久保出張所の救急隊が死亡していると判断し病院に搬送しなかったと発表した。男性は埼玉県警大宮西署の検視室で目を覚まし、病院に搬送された。命に別条はないという。
 市によると、同日午前9時40分ごろ、「同市西区で男性が冷たくなっている」と県警から通報があり、救急隊が同55分ごろ到着した。男性はゲートボール場で布団にくるまった状態で倒れており、救急隊長(52)と隊員(41)は体が冷たくなっていることや、硬くなっていることを確認。脈や呼吸、意識の有無を十分確認せずに死亡していると判断し、病院に搬送しなかった。
 隊長と隊員は救急隊員としてそれぞれ20年、12年勤務。隊長は「硬直があり、死亡と判断する状況ではないかと思った」と話しているという。
 清水勇人さいたま市長は「市民の安全・安心を守る立場の救急隊が、傷病者観察の基本を怠り、多大なる負担を与えてしまったことは大変遺憾」とコメントした。 

公務員の裏金づくりに罰則=与野党で法案化検討を−鳩山首相(時事通信)
マータイさん 来日 広島で記念植樹、京都などで講演予定(毎日新聞)
元理事長に逆らえず「がんの疑い」山本病院事件(読売新聞)
龍谷大で入試ミス 受験者全員正解に(産経新聞)
トヨタ 新型プリウス19万台リコール…午後に届け出へ(毎日新聞)
posted by セリザワ シュウジ at 03:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。