2010年03月01日

TSKスーパーニュース

『TSKスーパーニュース』は、山陰中央テレビで放送されている夕方の山陰地方向けローカルワイドニュース番組。 1998年3月30日に、TSKザ・ヒューマンの後番組としてスタートした。マイクはピンマイクではなくスタジオについているものである。オープニングはTSK独自のCGを使用したオリジナルとなっている。キャスター現在平日岡本敦奥村亜希(月・火・水)河野美知(木・金)山根収(天気キャスター)土曜・日曜松田朋子過去岡本隆志野室美佳細川裕子山中一高淵本麻祐子枡田史子竹内駒英原田笑竹下佳奈岩田浩岳放送時間月曜日-金曜日1998年3月30日-2000年3月31日 17:55-19:002000年4月3日-2005年3月31日 17:54-19:002005年4月1日-2007年9月28日 16:55-19:002007年10月1日-現在 16:53-19:00週末1998年4月4日-2001年4月1日 土曜日18:00-18:30、日曜日17:30-18:002001年4月7日-現在 17:30-18:00関連項目山陰中央テレビジョン放送TSKザ・ヒューマン - 前番組FNNスーパーニュースFNNスーパーニュースWEEKENDTSK歴代の夕方ニュース1978年10月2日-?『TSKニュース6:45』?-1984年9月28日『TSKニュースレポート6:30』1984年10月1日-1988年3月31日『TSKイブニングワイド』1988年4月1日-1997年3月30日『TSKスーパータイム』1997年3月31日-1998年3月29日『TSKザ・ヒューマン』1998年3月30日-『TSKスーパーニュース FNN』(平日)1998年4月4日-『FNN TSKスーパーニュースWEEKEND』(週末)外部リンクTSKスーパーニュース番組の変遷 「http://ja.wikipedia.org/wiki/TSK%E3%82%B9%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%8B%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B9」より作成カテゴリ: ローカル局の報道番組 | 山陰中央テレビジョン放送 | FNNスーパーニュース

捕鯨、日本と対立激化 シー・シェパード、具体策に触れず(産経新聞)
イエメン・アルカイダの資産凍結=政府(時事通信)
<普天間移設>「覚悟持ち5月までに」首相(毎日新聞)
同乗者3人、不起訴で検討=運転手は起訴へ、名古屋ひき逃げ−地検(時事通信)
<松浦市長選>友広郁洋氏が再選(毎日新聞)
posted by セリザワ シュウジ at 21:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

レセプト電子化の問題解決「強く訴えていくべき」−日医委員会(医療介護CBニュース)

 日本医師会の「医療IT委員会」(委員長=佐伯光義・愛媛県医師会常任理事)は、このほど取りまとめた答申で、厚生労働省がレセプトオンライン請求義務化の方針を昨年11月の省令改正によって事実上撤回したことを「大いに評価できる」とした一方、問題点は残っているとして、日医で議論を継続し、解決に向けて今後も強く訴えていくべきと主張した。

 同委員会は、2008年7月に唐澤祥人会長から「医療のIT化の光と影」について検討するよう諮問され、10回にわたる議論を重ねて答申を取りまとめた。

 答申では、▽レセプトの電子請求▽社会保障カード(仮称)▽ORCA(オンライン・レセプト・コンピューター・アドバンテージ)プロジェクト▽日本医師会認証局-などに言及。
 レセプトの電子請求に関する問題点として、「保険証の即時資格確認」「国保総括表(請求書)と地方単独公費請求書」「集積されるレセプトデータの扱い」の3点を挙げた。
 このうちレセプトデータの扱いについては、「厚労省が事業仕分けの際に、集積したレセプト情報から疾患別分析を行えば、国民の正確な医学的ナショナルデータベースが構築されると回答している」と指摘。これに対し、レセプトはあくまでも保険ルールに従った診療報酬の請求書に過ぎず、レセプトから純医学的分析に資する有用なアウトプットが得られるかは「疑問」などと反論した。
 その上で、データの目的外使用を厳禁とし、誰がどの範囲のデータを入手できるのかを明確に法制化することが先決と主張。また、レセプト情報の漏えいリスクの検証や、漏えいした場合の責任の所在についても、日医が各方面と調整し、納得のいく形で整備するよう求めた。

 一方、社会保障カード(仮称)については、社会保障制度のIT化でどのような福祉を実現するのか、そのために何が必要かについて、「国民的な議論」を十分に行い、慎重に対応すべきと指摘した。
 また医療現場のIT化を推進するORCAプロジェクトについては、「日医標準レセプトソフト」(日レセ)導入済み医療機関が、今年1月現在で8078施設(うち病院338施設)、導入作業中が1160施設(同47施設)になったと報告。目標としている来年度内の1万施設での利用は達成できる見込みとしている。一方、レセプトデータの収集・分析のための「定点調査研究事業」に参加している日レセ利用医療機関は今年1月現在、「わずか500程度」と指摘。今後は都道府県医師会などの協力を仰ぎ、意識の変容と参加を求める活動を早急に展開すべきとした。


【関連記事】
レセプト電子化対応の計画策定へ―支払基金が事業指針
現場の目線に立った医療行政を―レセオンライン訴訟が終息
義務化を事実上撤回―2009年重大ニュース(7)「レセプトオンライン請求」
電子媒体での請求も「原則」の請求方法に―厚労省令改正
「オンライン請求義務化で大混乱」−日医委員会

依然ほとんどが新型も、B型が微増―インフルエンザで感染研(医療介護CBニュース)
パチンコ攻略法の被害増加=業者9割所在確認できず−141社調査、「求人」方式も(時事通信)
<女性死亡>息子2人も刺され負傷 倉敷・全焼民家で(毎日新聞)
<国公立大2次試験>前期日程始まる(毎日新聞)
ジャンボ機墜落施設を視察=稲盛会長ら新経営陣−日本航空(時事通信)
posted by セリザワ シュウジ at 03:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。