2010年05月19日

<川渡り神幸祭>貴乃花親方も参加、盛り上げる 福岡・田川(毎日新聞)

 色鮮やかな山笠が勇壮に川を渡る「川渡り神幸祭(じんこうさい)」が15日、福岡県田川市の彦山(ひこさん)川周辺で始まった。地元の風治(ふうじ)八幡宮に400年以前から伝わる初夏の祭礼。川面に鉦(かね)や笛の音が響き渡ると、一帯は高揚した雰囲気に包まれた。

 12月に田川巡業場所を予定している大相撲の貴乃花親方も飛び入り参加。法被姿の川筋男約1000人とともにみこし2基、山笠11基をかつぎ、豪快な水しぶきを上げて観衆を魅了した。

 ご神体が対岸のお旅所に下るご巡幸で、帰路の「お上り」は16日午後2時ごろから始まる。【林田雅浩】

【関連ニュース】
土俵祭り:新弟子ら初見学 教習所長就任の貴乃花親方企画
大相撲:貴乃花部屋など初の連合げいこ
こども環境フォーラム:貴乃花親方も講演 5月1日、東京・明治記念館で
大相撲:貴乃花親方に新構想「他のスポーツも…」
大相撲:“国技館飾れ”貴乃花親方が稀勢の里にゲキ

小沢氏、聴取応じる意向 「陸山会」政治資金規正法違反、元秘書3人も(産経新聞)
法人税、15%下げ提言=経産省の産業構造ビジョン骨子案(時事通信)
【麗し大和】珠光を生んだ茶のふるさと(産経新聞)
<掘り出しニュース>龍馬ブームで「人斬り以蔵」に脚光 高知で初の命日祭(毎日新聞)
法定外福利厚生費は742億円=98独法が9年間で―総務省調べ(時事通信)
posted by セリザワ シュウジ at 01:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月13日

<義父殺害容疑>無職45歳男を逮捕 千葉・柏(毎日新聞)

 4日午後6時50分ごろ、千葉県柏市松ケ崎の無職、小林伸啓さん(68)方で、小林さんが2階の寝室であおむけに倒れ、口元から血を流し死亡しているのを買い物から帰宅した妻(76)と長女(45)が発見、119番した。遺体に不審な点があるとして県警柏署が調べていたところ、同居していた長女の夫の無職、小林好美容疑者(45)が殺害を認めたため、5日、殺人容疑で逮捕した。

 同署によると、小林容疑者は「働かないのなら出て行けと言われて口論になり、ひものようなもので首を絞めた」と供述しているという。小林さんは妻と長女夫婦、孫(20)の5人家族。【黒川晋史】

四川大地震 千年前にもM8級…同じ断層帯 静岡大チーム(毎日新聞)
浴室で練炭自殺?女性2人の死体 市川市(産経新聞)
あおぞら元行員、インサイダーさらに2銘柄(読売新聞)
JR総連、JR東労組には革マルが相当浸透と政府答弁書 民主党はJR総連候補を公認(産経新聞)
富士山で滑落相次ぐ、女性死亡=男性2人も全身打撲−山梨(時事通信)
posted by セリザワ シュウジ at 20:45| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月12日

図書館が暮らしの課題解決!? 就職セミナーや法律相談、講演会も(産経新聞)

 日々の暮らしの課題解決に図書館を役立ててもらおうと、各地の図書館の動きが活発化している。暮らしに役立つ図書コーナーを特別に設置したり、就職セミナーや弁護士らによる法律相談会を館内で開催したりする例もある。暮らし支援に積極的に取り組む有志の図書館による組織も発足し、図書館同士の連携も始まっている。(森本昌彦)

 ◆調べ物の第一歩

 「ビジネス情報」「法律情報」「健康・医療情報」。東京都港区の都立中央図書館の1階に、こんな名称のコーナーが設けられている。それぞれの分野について調べる際、来館者がアクセスしやすいようにニーズの高い書籍がそろっている。

 ビジネスなら、企業や業界、市場情報をまとめた書籍や資格取得や就職活動に役立つ書籍などが並ぶ。同図書館情報サービス課の重点情報推進担当係長、和田孝子さんは「ここに来れば、調べものの第一歩になるような書籍をそろえています」と説明する。

 書籍の設置方法を工夫しただけでなく、暮らしに役立つ催しも開催。4月23日には法テラス東京と連携し、弁護士による無料の法律相談会を開いた。相談者の待合室には法律関係の図書を設置しているほか、相談の中でも図書館にある書籍を使った問題の調べ方を紹介。会場が図書館という特性を生かしている。

 法律相談以外にも就職活動セミナーや健康に関する講演会など催しはさまざまだ。こうした取り組みについて、和田さんは「図書館はいつでも無料で便利に使うことができる。みなさんの生活の後押しをしたい」と話す。

 ◆自殺対策も

 暮らし支援の動きは全国各地の図書館でも見られる。ビジネスや法律関係のコーナーを設置するだけでなく、独自のユニークな取り組みも実施されている。

 秋田県立図書館(秋田市)は昨年12月、「生きる力を与える本」のコーナーを新設。精神面をサポートするような書籍や苦難を乗り越えた著名人の伝記など200〜300冊が並ぶ。自殺防止のため、図書館にできることを考えてコーナー設置を決めたといい、今年1月には子供向けに「生きるってなに?」というコーナーを設けた。

 年金問題や多重債務、離婚などのトラブル別に「生活・仕事の困りごと解決支援マップ」を作成しているのは鳥取県立図書館(鳥取市)。B4サイズのマップで、関連する書籍が館内のどこにあるかを示したり、相談機関の連絡先などを記したりしている。年金の場合、「パンフレット・リーフレット」「法律関連雑誌」「法令を見る」などの種類ごとに分け、書籍の設置場所を説明している。

 今年1月には、同様の取り組みを進めている有志の公立図書館が「図書館海援隊」を結成した。図書館の課題解決支援機能の充実とアピールが目的で、4月27日現在で23図書館が参加。それぞれの図書館の取り組みについて情報交換を進めることで、サービスの充実を目指している。

 ■法テラスも連携へ

 暮らし支援のため、図書館と外部組織との連携も進んでいる。電話による法的な情報の提供などを行っている日本司法支援センター(愛称・法テラス、東京都中野区)は5月、全国の教育委員会と公立図書館に業務の内容などを紹介したポスターを発送する。

 図書館で調べ物をしてもトラブルの解決に至らない場合、さらなる解決方法の一つとして法テラスの存在を来館者に知ってもらうのが狙い。法テラスでできる業務を理解してもらうため、一部の図書館では職員を対象にした研修会を開催。将来的には全国に拡大していく予定という。

【関連記事】
国際児童文学館を橋下知事が視察 「移転間違ってなかった」
電子図書館「利用したい」7割 「紙の本売れなくなる」の声も
東大並み難関大、61歳おばちゃん入学 英語漬け「留学も挑戦」
「つぶやき」を収蔵 米議会図書館
海外の日本人向けフリーペーパー“図書館”が人気

御柱祭 柱から落ち2人死亡 長野・諏訪大社(毎日新聞)
携帯で殴る、つまようじで刺す…修学旅行で生徒にけが 法政大中高の体育科元教諭ら2人書類送検(産経新聞)
性被害、親に言えず…教え子暴行発覚せず20年(読売新聞)
ツイッター、ミクシィ「禁止令」 福岡の高校が事実認める(J-CASTニュース)
「5月末決着」に先送り論、平野更迭論…参院選に向けた思惑も 首相自ら退路絶つ(産経新聞)
posted by セリザワ シュウジ at 02:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。